ニュースキンのタイミングの疑問

ネットワークビジネスの選び方

ニュースキンのディストリビューターからの勧誘の際、事業説明会などで説明される内容で良くニュースキンビジネスのタイミングの話をされます。 参加するタイミングについての説明ではネットワーク曲線というものを説明していました。

ニュースキンに限らずMLMの事業説明会ではこの売上推移のグラフをよく目にします。

ニュースキンジャパンの会社の売上推移で、設立期、成長期、安定期と推移するという説明です。

ニュースキンジャパンは1993年に日本上陸し、初年度売上128億円をあげ、1997年時点は成長期に入ったばかりという説明をしていて、成長期はあと2年ほど続き、その後安定期に入るという説明をしていました。

その説明は1997年当時はニュースキンジャパンの売上がまだ伸びていたので一応は説得力を持つものでした。

1997年時点であと2年で成長期は終わるのでその間に組織を作れば、成長期が終わっても安定期に入り、リピートがあるので売上は落ちず、自分が仕事をやめても組織は徐々に大きくなり続け、権利収入がその後継続的に得られると語られていました。

しかし、現実には安定期に入っても徐々に成長するどころか、成長期の終焉と共にニュースキンジャパンの売上は下がり、一時期よりかなり下がったラインで安定している状態です。

1997年時点で成長期があと2年という説明は結果的に正しかったことになりますが、その後は安定した成長にはならず、大幅に売上を減らしています。

この売上推移は売上額は違いますが、日本アムウェイとも似ています。

にもかかわらず、2000年を過ぎニュースキンの売上は伸びなくなって頃になってもこのタイミングの説明は続き、今は成長期で今ニュースキンをはじめるとチャンスと説明されていました。

「もう成長期は終わって会社の売上は一時期より落ちています」「既に成長は終わり、今からニュースキンをスタートしても遅い」などと説明すると勧誘しにくくなるためそういう説明をしていたのでしょう。

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ