ニュースキン タイトル維持の買い込みよる苦情・被害

ネットワークビジネスの選び方

ニュースキンの場合、エグゼクティブにも色々とランク(ピンレベル)があり、そのピンレベルは自分のフロントライン(第一階層)のエグゼクティブの人数(エグゼクティブの系列数)によって決まります。

(ロールアップがあるため、フロントラインのエグゼクティブは直接紹介した人とは限りません)

何系統のエグゼクティブグループを持つかによってタイトルが決まり、収入を得られるエグゼクティブ階層数が決まり、

最高6段階分のエグゼクティブグループから収入を得るにはフロントラインエグゼクティブが最低でも12人必要です。

このピンレベルは一度取得したら永久に持続するのではなく、毎月変動します。つまり、降格があるということです。

つまり、ニュースキンでは一度最高位タイトルを達成して6段階からのブレイクアウェイボーナスを得られるようになっても、フロントラインのエグゼクティブが資格維持条件を維持できずにエグゼクティブから降格してしまい、その系統にエグゼクティブがいなくなってしまった場合、 フロントラインのエグゼクティブ数(系列数)が減ってしまい、ピンレベルが下がってしまうことになります。

このようにニュースキンでピンレベルが下がってしまった場合に、人によってはピンレベルを維持するために、ダウンラインの名義(他人名義)でニュースキンに製品を注文し、そのグループのエグゼクティブ資格を達成させる、つまりダウンラインのエグゼクティブを買い込んでしまう場合があるのです。

このタイトル(ピンレベル)の買い込みをしはじめると自分のエグゼクティブを維持するための買い込みと違い、他人名義の複数のエグゼクティブを維持しようとして買い込むため、毎月の買い込みの金額が相当な金額 になってしまいます。

ニュースキンから受け取るコミッションが月間100万円を超えていても、その大半を買い込み分に費やしている人なども中にはいるようです。 そして、収入分以上に買い込む額が多くなり、私財を投じたり借金を抱えたりしている人も中にはいるようです。

買いこんでもニュースキンからのコミッションでプラスになるのであれば買い込むのも分かりますが、マイナスになってまで買い込むのは、タイトルを持っているような人は自分のタイトルが落ちるとダウンラインに示しがつかないなどプライドのために買い込む場合があるようです。

ニュースキン製品の激安化・問題点にあるようにこういった買い込みで生じる過剰在庫は、自らネットオークションに出品したり、MLM買取専門店に買い取ってもらったりする人が多いようで、ニュースキン製品がインターネット上で値崩れ・激安化を起こしている原因になっています。

このようなことからニュースキンジャパン・NSEに対する苦情が生まれ、被害報告も生じるのでしょう。

(ニュースキンは強制ではなくやめることも自由で、自己責任という面があるため一概に被害者という表現が適切化は議論があるでしょうが、アップラインに半ば強制されたり、紹介者が得意先や上司・先輩などで断りきれず、買い込んでしまう人もいたりなどというケースもあり、一概に自己責任だけでは片付かないケースもあるようです。)

続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ