ニュースキンの苦情・被害・問題点 システムについて

ネットワークビジネスの選び方

ニュースキンジャパンNSEはNB(ネットワークビジネス)、ネットワークマーケティング、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)などと呼ばれる、いわゆる「口コミ」を利用して組織を築いて製品を販売するシステムを用いています。

一口にネットワークビジネスといっても様々なシステムの分類があり、ニュースキンのシステムは「ブレイクアウェイ」と呼ばれるシステムに分類されます。

ブレイクアウェイはMLM初期の頃に良く採用されたシステムで、ネットワークビジネスのシステム分類には他にバイナリー、ユニレベル、マトリックスなど様々なものがあります。

「ブレイクアウェイ」を採用している他の代表的なMLM企業は日本アムウェイが挙げられます。

ニュースキンビジネスに対する 苦情や被害で「貯金を失った」「借金を抱えた」、あるいは「過剰在庫を抱えた、あるいはアップラインなどに言われて抱えさせられた」などという苦情や被害の原因にこのニュースキンが採用しているブレイクアウェイシステムの中のエグゼクティブ制度、またロールアップ制度があります。

ニュースキンではエグゼクティブ以上の資格を取得しないと大した収入が得られないため、ビジネスとしてニュースキンに取り組む人は最低限エグゼクティブ資格を得ようとします。

ニュースキンのエグゼクティブ資格を得るためには自分の下部組織(グループ・ダウンライン)の中で最低月間2000ポイント(1ポイント=1ドルなので2000ドル。為替レートにもよりますが、約22万円〜25万円程度の売上が必要です。

この2000ドルの売上は本来、口コミで伝えた人たちが購入・消費する売上の合計であげるべき売上のはずですが、2000ドルの売上の大半をエグゼクティブになるまで買い込ませるグループなどもあり、はじめから過剰な在庫を抱えさせられてしまう場合もあるようで、ニュースキンに対する苦情や被害の原因になっているようです。

また、一旦エグゼクティブ資格を得た後も、エグゼクティブ資格維持条件として毎月2000ポイント以上の売上はずっと継続していかなければエグゼクティブ資格を失ってしまうのです。

そして、エグゼクティブ資格を失ってしまうと自分のダウンラインのエグゼクティブはロールアップしてしまい、それまでの努力が水の泡になってしまうのです。

それが嫌なため、2000ポイントに満たない分を自分で買い込んでしまう人が生じ、それによって貯金を失ったり、借金を抱えたりし、ニュースキンに対する苦情・被害となっていることが多いようです。

続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ