ニュースキンを去る高タイトル取得者達

ネットワークビジネスの選び方

ニュースキンのタイトル(ピンレベル)は現在はディビジョンごとに別れているものの、元もとのニュースキンでは

タイトル名(フロントラインのエグゼクティブ系列数 ブレイクアウェイボーナスを得られる階層数)
エグゼクティブ、ゴールド(1系 1段階)、ラピス(2系 2段階)、ルビー(4系 3段階)、エメラルド(6系 4段階)、ダイヤモンド(8系 5段階)、ブルーダイヤモンド(12系 6段階)に分類されている。

一旦は高位のピンレベルを取得し、収入を得ることが出来ていたディストリビューターでもニュースキンの成長期が終焉し、収入が伸びなくなったり、組織が下から崩れだしたりでニュースキンに限界を感じている人が多い成果、高タイトルを取得したトップディストリビューターでもニュースキンに見切りをつけて他のネットワークビジネスに移動する人が後をたたないようである。

高タイトルになるとセミナーのスピーカーなどをしている人も多いが、すでにニュースキンが伸びなくなり客観的には既にこれからの新規参入者に成功のチャンスはあまりないと感じてはいるもののセミナーなどではダウンラインの手前、「今がチャンス」などの強気なことを言い続けなければならなず、中には嘘をつくのに呵責を感じ、ニュースキンをやめて他のMLMに移ったディストリビューターもいるようである。

ニュースキンの売上が伸びていないということは、ディストリビューターが受け取っている収入の合計も増えていないということである。

そして、ニュースキンが1993年に日本上陸以前から活動し、既に巨大な組織を持っていて巨額な権利収入を得ている人たちがいる以上、これから新規参入する人、はじめたばかりでまだ大きな組織を築けていない人が今からニュースキンで収入を得るのは小さいパイを大勢で分ける状態になってしまうため、並大抵の苦労ではないだろう。

確かに小さなパイを大勢で分けなければならない状態よりも、大きなパイを少ない人数で分けられる状態のほうが努力に対する見返りが全く違うので、まだ売上の伸び幅が大きいネットワークビジネスに移動するのもひとつの選択なのであろう。

ニュースキンのタイミングの嘘にあるように、ニュースキンの売上は成長期のよりも落ちたところで何年も安定し、これから急激な伸びはあまり期待できないという判断で他のMLMに移動する人が後をたたないのは仕方のないことかもしれない。

現実にニュースキンに1993年当初から1995年くらいの間にニュースキンに参加して成功している人の中にアムウェイや他のMLMからニュースキンに移動した人も多数いるので、今はニュースキンから他のMLMに移動するのも不思議ではない。栄枯盛衰で、栄え続ける・伸び続けるMLMはなく、皆これから伸びるMLMに移動していくもので、歴史は繰り返すということだろうか。

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ