ニューウエイズ(NEWAYS)への苦情・被害について

ネットワークビジネスの選び方

ニューウエイズ(「NEWAYS」は口語では「ニューウェイズ」と発音されがちですが、正式には「エ」が大きい「ニューウエイズ」です)に対する苦情・被害については同じ健康食品や化粧品・シャンプーなどのネットワークビジネスであるも日本アムウェイ(Amway)への苦情・被害についてニュースキンへの苦情・被害についてに似通っている部分が多いようです。

・家族がニューウェイズビジネスにはまって自費を投じてで貯金を失ったり、借金を作ってしまったなど金銭面での被害に対する苦情被害

・ニューウェイズのディストリビューターによって違法な勧誘が行われたり、強引な勧誘・不実の告知などに代表される、特定商取引法違反に対する苦情、

・ニューウェイズの製品である健康食品や化粧品の商品説明の際に効果や効能を語られたり、好転反応などと説明されて使い続けたら好転反応ではなかったなどのニューウエイズ製品について、ディストリビューターによる薬事法違反が多々行われていることに対する苦情などが多く見受けられるようです。

一部のニューウエイズディストリビューターの現場での活動方法が問題となり、2008年春にニューウエイズは行政処分を受けています。

会社やシステムの違いはありますが、シャンプーや化粧品、サプリメントなどの外資系ネットワークビジネスという点では先行企業の日本アムウェイやニュースキンジャパンと同様であり、両者からニューウェイズに移動したネットワーカーも結構いるようで、勧誘手法や組織構築方法もアムウェイやニュースキンで成功したグループのやり方を取り入れているグループも多く、法律違反のネットワークビジネス勧誘手法など特定商取引法違反をしているグループ・ディストリビューターもいるようです。

ビジネス連鎖での組織構築を行うグループなどではニューウェイズ製品を買い込まざるを得ない人もいるようで、自費を投じて貯金を失ったり、人によっては消費者金融・サラ金などで借金をしていまったりなどするケースもあり、それらがニューウェイズに関する苦情被害となっているようです。

また、ネットワークビジネスと税金にあるように、脱税をしていたり、確定申告自体をしていない、個人事業主の届出をしていないなど法令順守意識の低いニューウエイズディストリビューターが見られるのも問題があるでしょう。

ニューウェイズへの批判・苦情・疑問点に関する書籍も出版されています。

その2へ続く 続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ