学生、若年者を勧誘するネットワークビジネス

ネットワークビジネスの選び方

ネットワークビジネスでは会社の規約で20歳以上でも学生の登録を禁じていることが多いですが、多くのネットワークビジネスで学生を多数勧誘し、登録させているのが現状のようです。

学生の勧誘が行われ、学生にローンを組ませて登録させていたなどして問題になったMLMもあります。

大手のネットワークビジネスでも「若年者狙い」をしている人は結構いるようで、

また積極的に 若年者を勧誘狙するように指導しているグループ などもあるようです。

なぜ学生や20歳を過ぎたばかりの若年者を勧誘のターゲットに狙うかというと、ある程度の年齢になると過去にいくつかのMLMの勧誘を受けたことがある場合が多く、人によっては家族や友人でにネットワークビジネスに取り組んで財産を失ったり借金を抱えた人がいたりなどで、

ネットワークビジネス・MLMで儲けるのはそんなに簡単ではない 」 「 ネットワークビジネス自体は違法ではないものの苦情や被害も多く、問題点が多い商法である 」「MLMをやると世間の評判が悪くなってしまうから合法であるのは分かっているが自分が取り組む気はない」などという認識を持っている人も多く、勧誘しても成功する確率がそれ程高くないのに対して、

20歳そこそこの若年者の場合は日本アムウェイやニュースキンジャパン(NSE)、ニューウエイズなどの大手のMLMの勧誘でもさえもまだ一度も受けたことがなかったり、ネットワークビジネスというものの存在自体を知らない人も中にはいて、MLMに対して偏見や悪いイメージをまだ持っていない分、勧誘出来る確率が高く、また若い分素直で言うことを聞きやすく、動かしやすいなどという面があるようです。

規約では学生の登録を禁止している会社でもディストリビューター・会員の中に多くの学生がおり、規約では禁止しているものの、事実上黙認されているという状態も多いようです。

大手MLM企業でもグループによってはグループの大多数を20歳を過ぎたばかりの学生や若年者が占めているというグループもあるようです。

また、学生の勧誘だけにとどまらず、未成年が他人の名義を借りて登録し、活動しているネットワークビジネスもあるようです。

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ