ネットワークビジネスの製品は低価格か? その2

ネットワークビジネスの選び方

日本アムウェイ・ニュースキンジャパン・ニューウエイズなど大手ネットワークビジネス企業の製品は会員価格に対する卸値であるディストリビューター価格よりもインターネットでの価格の方が安いという状況が生まれている。   

例えば、ニュースキンジャパン(ファーマネックス)の主力製品であるライフパックは参考小売価格 税込価格7014円 ディストリビューター価格 税込4904円であるが、

インターネットのオークションでの落札相場を調べると、1箱3000円前後で落札されていることが多い。 (オークションでの落札相場はaucfan.comで調べられる。)

本来ニュースキンジャパンのディストリビューターはライフパック1箱4904円の卸値で仕入れ、7014円前後の小売価格で販売して小売利益を得るはずなのを自らの仕入れ値であるディストリビューター価格4904円より2千円程度も安い3000円程度で販売してしまっているのである。

また、MLM製品専門のネットショップもあり、各社のディストリビューターから非常に低価格で買い取ってディストリビューター価格以下でネット上で販売している。

例えば、ニュースキンのライフパックは楽天市場のショップでも税込4,383円というディストリビューター価格より安い値段で販売されている。

このような状況では消費者の中にはインターネット上のオークションやネットショップでの価格を知ってしまうとディストリビューターから小売価格で買うことはおろか、自ら会員登録してディストリビュータになるのがばかばかしくなる人もいるだろう。

ニュースキン(NSE)にはニュースキンプラザ(Nu Skin PLAZA)というディストリビューター専用サイトがあり、そこでディストリビューター価格で注文できるようになっているが、会員専用のニュースキンプラザで購入する価格より、オークションやネットショップの方が安いという状況だ。

何故このような価格で販売されているかというと、

ネットワークビジネス売上推移の疑問

などにあるように、タイトル維持条件達成、ノルマ達成のために足りない売上分の製品を大量に買い込み過剰在庫を抱えるディストリビューターが多いからであろう。

買い込んだ製品を小売価格はおろか卸値であるディストリビューター価格でも販売できない為に損を覚悟で過剰在庫を捌くためにオークションに低価格で出品したり、MLM製品買取業者に買い取ってもらざるをえないのであろう。

検索エンジンで「MLM 買取」などで検索するとMLM製品買取業者のサイトが多く出てくるのを見てもいかに多くのネットワーカーが過剰在庫・不良在庫を抱えているかが伺える。

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ