ネットワークビジネスの製品は低価格か?

ネットワークビジネスの選び方

アムウェイやニュースキン、ニューウェイズなど多くの健康食品・栄養補助食品(サプリメント)やシャンプー・化粧品などのネットワークビジネスの説明会、ミーティング、セミナーや勧誘の際によく「製品が高品質で低価格 」と説明される。その理由として「ネットワークビジネスは流通革命 」という説明がされる。

従来の流通形式
メーカー→販社→一次問屋・代理店→二次問屋・代理店→小売店→消費者

からネットワークビジネスは
メーカー→→→→消費者(会員・ディストリビューター・加盟店)

とメーカー直販(ダイレクトセリング)で製品が流通するので中間流通コストが大幅に削減され、また、ネットワークビジネスはディストリビューターの「 口コミ 」によって広告宣伝活動がなされるため、テレビCM・雑誌広告などのマスコミを使った広告宣伝費を削減できる。
↓↓↓
よって、「広告費・流通コストがかからないので高品質な製品を低価格で製造・流通可能 」 という説明がされることが多い。

はたしてこれは本当だろうか?

アムウェイやニュースキンが売上伸ばした90年代前半まで、あるいは20世紀においてはその説明はある程度の説得力があったかもしれない。

しかし、現在においては インターネットが普及して
メーカー→(インターネット)→消費者
という形で メーカー直販や卸直販のダイレクトセリングというのは最早常識であって、インターネット上でモノは非常に低価格で流通している。そして多くの業界で中間流通コストは削減されている。

そして、ネットワークビジネスでは組織を持っている会員へのコミッションの支払い分を価格に組み込んで販売価格を設定しなければならない分、マスコミを使った広告費を削減できるとはいえ、一概に必要経費が少なくて済むとは言えない部分があるだろう。

実際、インターネットの掲示板などを見ると、ネットワークビジネス各社の製品を「低価格」と認識している消費者が多いようには思えないのが現状である。

インターネットを通じてメーカー直販・卸直販が普通の時代になり、安い製品が多数出回っている現状ではネットワークビジネスの製品を低価格と感じている消費者の割合が低いのは否めないだろう。

続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ