インターネット時代のネットワークビジネス

ネットワークビジネスの選び方

ネットワークビジネス業界もインターネットが普及したことによって以前とは変化しているように感じられる。

日本アムウェイやニュースキンジャパンが売上を伸ばした80年代から90年代前半の頃とインターネットが普及した現在とで何が変わったか。

どのような会社のネットワークビジネスであれ、MLMの勧誘を受けた人の反応は一般的には3つに分かれるといわれる。

@自燃性:聞いてすぐにやる気マンマンの人、ほっておいても活動する人
A可燃性:興味はあるが自分に出来るか不安だったり、疑問を感じている人
B不燃性:全く興味がない、やる気がない人・MLMに批判的な人

@の自燃性の人たちはクロージングもさほど必要とせず、進んで登録してすぐに動き出す人で比較的少数であろう。

Bの不燃性の人たちはいくら説明しても全く聞く耳を持っていないか、やる気がないので勧誘しても成功する可能性は低い。

Aの可燃性の人たちは一応は興味はあるもののビジネスに対して疑念があったり、ビジネス自体は理解しても自分に出来るかどうか不安があり、放っておいたら自分から進んでビジネスをはじめようとはしない人たちである。そして、この3つの内、最も多いのはAの人なのが通常だろう。

MLMでリクルートの確率を上げようとすると、いかにAの人たちから疑念や不安を取り除き、興味を大きくしていけるかが重要になってくる。

Aの人たちの疑念や不安を取り除くために以前ネットワーカーたちは多くの資料や書籍などで合法で将来性があるビジネスであることを説明したり、境遇の似ている人で収入を得ている人に会わせて「私でも出来るかも」と思わせることをミーティングやセミナー、ABCなどで行ってきた。

そして、確信を抱かせるために一方的に聞いた話を鵜呑みにするのではなく「自分で調べてみてください」などと新規の人に自分で調べるように促すことも常套手段として用いられてきた。

「調べる」ということについてだが、調べるといっても昔は調べる手段が 「そのビジネスを知っている知人に聞いてみる」 あるいは「本を読む」 くらいしかなく、市販の書籍は通常はそのビジネスについて良いことばかりを書いてある書籍であり、基本的には読んだ人にそのビジネスの正当性をアピールできる内容で、それを読めばセミナーやミーティング、ABCなどで説明されたことをより信じるようになるという可能性が高いからである。

ところが、現代においてはインターネットが普及し、調べ物といえば「検索エンジンでの検索」というのが一般的になった。現代において、調べ物をする時に知っている人を探して聞こうとする人や、本屋や図書館に行って本を調べようとする人は少数であろう。

つまり、現代においてMLMの勧誘を受けた人がそのビジネスを調べようとしてまずする行動はと言うと、何を置いても「 インターネットでの検索 」であろう。

そして、インターネットでそのビジネスの情報を検索すると何が検索結果として出てくるか。

試しに「アムウェイ」「ニュースキン」「ニューウェイズ」など大手企業名などで検索をしてみると分かるように、 検索結果に表示されるページの多くはその会社のビジネス、またはネットワークビジネス自体に批判的なサイトやブログ、掲示板などで、批判や苦情がかなりを占めているのが分かる。

ネットワークビジネスの勧誘を受けたAの人たちが更に詳しい情報を調べようとか、不安点や疑問点を調べようとして検索したてそれらを見てどう思うかは明らかであろう。

Aの人たちのうち、インターネットで検索して調べてみたて、「やっぱりやめておこう 」と考える人は相当な割合になるだろう。

インターネットが普及によって様々な情報を検索エンジンでの検索で調べることが出来ることになったことにより、 Aの人で、インターネット普及前であればそのビジネスに肯定的な本を読んだり、紹介者やアップラインなどに繰り返し説明されて、参加することにしたような人たちの内、相当な割合の人たちが「勧誘の時は良いことばかり説明されたが、これ程多くの苦情や被害があるのであればやっぱりやめておこう 」などと考え、そのビジネスあるいはネットワークビジネス自体への参加をやめるであろうことは想像に難くない。

日本アムウェイ、ニュースキンジャパンなど大手ネットワークビジネス企業の売上推移を見てみると近年伸び悩んでいる企業が多いのはもしかしたらインターネットの普及によって新規勧誘の確率が落ちていることが1つの要因なのかもしれない

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ