ネットワークビジネスの組織は下から崩れる その1

ネットワークビジネスの選び方

ネットワークビジネスMLMの組織・グループが下から崩れるとは?

代理店・エグゼクティブなどの資格維持条件(ノルマ)があるネットワークビジネスの場合、 自分のグループ内に消費者会員のリピートでそのノルマを達成できれば全く問題はなく、健全な形でグループの売上が上がります。 そういうグループを作れれば自分が仕事をやめた後も継続的な収入、権利収入に結びつきます。

 

ところが現実にはそのノルマ分を愛用者会員の自然な毎月のリピート分だけではクリアできない人は多いのです。

では、そういう人たちはどのようにして売上ノルマを達成するのでしょうか?

設立期〜成長期までの間は会社全体の売上が伸びており、その会社のビジネスを知っている人がまだ少ないので新規勧誘が比較的やりやすく、自分の代理店・エグゼクティブグループの中に新規ビジネスメンバー(代理店申請期間中など)を作ることができ、ビジネス連鎖をかけてそのビジネスメンバーたちの(買い込んだ)売上で自分のノルマを達成出来ます。

ところが、成長期末期〜安定期になると世間はその会社のビジネスを知っている人が大半になってくるので、新規ビジネスメンバーを勧誘することがこと難しくなってきます。

となると、 自分の代理店・エグゼクティブグループ内に新規ビジネスメンバーががおらず、ノルマ分の売上をクリアするのが困難になってきます。

そうなった場合、多くの代理店・エグゼクティブを下部組織に持ち、自分の代理店・エグゼクティブグループの売上ノルマに足りない分を自分で買い込んでノルマを達成すると、会社から受け取るコミッション・ボーナスでペイする人は自ら進んで買い込みます。

ところが、末端の人で組織を持っておらず、下に代理店・エグゼクティブがいない人は会社からのボーナスが小額で買い込んでもペイしないのでそのビジネスを諦めてやめざるを得なくなってしまいます。

(人によっては貯金を切り崩して自費をつぎ込み、あるいは消費者金融やサラ金などで借金 をしてまで買い込み続ける人も中にはもいます。 そのような買い込みを続けたところで当然ペイするはずもなく、貯金を失ったり借金がかさんでいくことになります。この辺りが被害者を生むという事でネットワークビジネスの評判が悪く、インターネットの掲示板などにも批判や苦情が多数書き込まれたり、消費者生活センターなどに苦情や被害報告が寄せられる 理由の一つでもあるでしょう。)

となると代理店・エグゼクティブをいくつも持っていたようなタイトルの高い代理店・エグゼクティブも自分のグループからどんどん代理店・エグゼクティブがやめていくため、グループは縮小し、タイトルも下がり、次第に収入は減っていき、遂には買い込んでもペイしなくなってきます。

このようにネットワークビジネスの組織の末端(ダウンライン)からアップラインへと下から連鎖して多くのビジネスメンバーがビジネスをやめていくこと を俗に「下から崩れる」と言います。

その2へ続く 続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ