ネットワークビジネス(MLM)とは

ネットワークビジネスの選び方

ネットワークビジネスMLM(マルチレベルマーケティング)、マルチ商法など一般的には様々な呼ばれ方をされ、時に悪徳商法・ねずみ講(ネズミ講)などと一緒に語られますが、これらは全て法律用語ではなく、 法律的には特定商取引に関する法律 (旧訪問販売法)で定められる連鎖販売取引にあたります。

ねずみ講と同視して、違法などという人も稀にいたりしますが、ネットワークビジネス自体はもちろん合法なビジネス形態です。

ただ、現場のネットワーカーの間では特定商取引法違反が多々行われていたりするなど問題点があるのは事実です。商法自体は合法でも、活動に際し、ネットワーカーが特定商取引法など関連法律に違反するともちろん違法であり、会社だけでなくネットワーカー個人も処罰の対象になります。

多くの ネットワークビジネス(MLM) の企業の説明会や勧誘の際によく説明されるのがネットワークビジネスでは「労働収入」ではなく「 権利収入・継続的収入 」を得られるということです。

多くの会社のMLMでは自分の下部組織(ダウンライン)を作り、下部組織の人が会社から直接商品ないしサービスを購入し、売上が上がるとコミッションが得られます。

つまり、ある程度の規模の人数の下部組織を作り上げたら自分は何もしなくても毎月勝手に売上が上がるようになり、それに応じたコミッションが得られるので努力して組織を作り上げたらその後はその組織から売上が上がり続ける限り継続的に収入が得られるということです。

印税収入・家賃収入のような継続的な収入を得られるということです。

多額の継続的な収入を得られている人はネットワークビジネスにたずさわる人の中でもごく一部ではありますが、現実に存在しているのは事実です。

ただし、ネットワークビジネスで貯金を失ったり、借金を抱えてしまう人があるのも事実です。

ガイドブック特定商取引法
ガイドブック特定商取引法

悪徳マルチ商法の被害者などとも言われたりし、中には本当に詐欺的な悪徳会社が存在しているのも事実ですが、大半はビジネス自体は合法です。

当サイトでは法律面なども踏まえてネットワークビジネスについて考察していきます。

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ