違法なネットワークビジネス勧誘手法 その1

ネットワークビジネスの選び方

ネットワーカーが勧誘の際によく用いる手法で、特定商取引法の改正前は当然のごとく行われ、特定商取引法が改正された後の現在においても多くのネットワーカーが用いている勧誘商法があります。

ネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)の勧誘であることを告げずにビジネスの内容に関しては全く話さず、「仕込み」「興味付け」 などといって相手に興味を持たせる言葉のみ

(例えば「すごい情報がある」「儲かる話がある」など)だけを話し、「ビジネスの内容についてほとんど説明せずにセミナー・ミーティングに連れて行く 」というものです。

勧誘のノウハウ としてこの方法を積極的に指導しているグループもあるようです。

特定商取引に関する法律の
第三十三条の二(連鎖販売取引における氏名等の明示)で

「その 勧誘に先立つて、その相手方に対し、統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者の 氏名又は名称 ・・・ 特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的 である旨及び 当該勧誘に係る商品又は役務の種類 を明らかにしなければならない。」

と明文で定められています。

つまり、ネットワークビジネスの勧誘であること、会社名・ビジネス名、扱う商品やサービスについて「勧誘に先立って」と勧誘前に明らかにしないといけないと明文で定められているわけです。

その2に続く 続きを読む

成功するためのネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネスの選び方

ヨーロッパ最大級のネットワークビジネス企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

オリンピックで115個のメダルを獲得した驚異のサプリメントとは

ネットワークビジネス情報局のトップへ